スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ちょっとこれは・・・F1-06 ゲーム編
2007-04-11 Wed 21:49
今日は入学式でした、




あえてF1のゲームネタを書きたいと思います。

↓から呼んで下さいまし
んーと、えーと、F1の06年版のゲームをしていたときのことです。


それには”ワールドチャンピョンシップ”というモードがあって、それは一人のドライバーを選んで2006年のマシンで全18戦を戦い抜くというモードなんですが、それをやっていたんです。


自分はホンダのルーベンス・バリチェロを選んで使っていました。ルノーファンなんですが、ルノーは速いから使いこなせないっす;;周回数も実際の半分にしました。それいがいにもコンピューター(他のレーサー)の速さのレベルもきめれて、簡単にいえば上中下とあるんです。一番難しいレベルのは本当にリアルなF1レーサーの速さなので却下。一番やさしいレベルも遅すぎてぶっちぎり優勝してしまうので却下。真ん中のレベルのやつもチョット速いからきゃkk・・・としたかったんですが、真ん中のやつしか選ぶ権利無かったので真ん中のレベルのやつで行きました。




1戦目のバーレーンではテストも順調にこなし、予選に挑みました。Q1で最速タイムをたたき出し1位でつうか。まぁ、ノーマルのレベルくらいなれればよゆうっしょ、とか調子のってQ2に挑んだところ、クラッシュ連発でタイム計れず結局16位w

決勝ではスタート後の加速で何台か抜かして、1コーナーでもインに入りながら急ブレーキ踏むという現実離れしたドライビングで8位まで順位を上げます。




その後直ぐにセーブします。どうせクラッシュして大きく順位落とすわけですから保険をかけておくのですw
案の定オーバーステア気味にセッティングしてしまったので低速コーナーでクラッシュ。そのつどそのつど何回もやり直してました。まぁ、結局5位ぐらいでフィニッシュ。自分としてはなかなかの結果。



次のマレーシア以降では攻略サイトさんからセッティングの数値を使わせていただきました。
しかし、マレーシアはあんまり走ったことが無く、しかも難しいので何回もやり直しましたがやる気喪失。リタイヤで終わらせました。


続くオーストラリアではQ1をトップタイムに近いタイムでつうかするものの、Q2でクラッシュ予選12位という結果。決勝では、なぜかクリエンが予選4位ぐらいにいて、スタートでクリエンの前にでて、その後8週ぐらいはクリエン以降を抑えていただきました。その間に3位のアロンソと格闘しますが、タイム差が開いていき、1回目のピットストップまでには抜かせませんでした。そのときに燃料をたくさん積んだので、2回目のピットストップ終了時にはアロンソを交わせたのですが、その後ちょっと抜かれましたが、最終コーナーの手前でアロンソをクラッシュさせて、強引にぬきました。フロントウイングがたがたしてましたけどwそれで3位ゴールです。




今回はここまでです。次回こうごきたい!!
スポンサーサイト
別窓 | Formula One【F1】 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<F1-06ゲーム編 その2 | Tbimfeidl (GloryArea) | 本家の方針>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
ホンダ・レジェンドレジェンド(LEGEND)は本田技研工業の高級自動車|乗用車。1985年にホンダ・アコード|アコードをベースに登場したホンダのフラッグシップカーで、トヨタ・クラウンや日産・セドリック/日産・グロリア|グロリア(現在は日産・フーガ)とは駆動方式が異なる …
2007-04-14 Sat 10:05 ホンダ新情報館
| Tbimfeidl (GloryArea) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。